×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バセドウ病 仕事

バセドウ病になったら仕事は辞めるのか?

バセドウ病になったら、仕事は辞めないといけないのか、私の見解をお伝えします。基本的には、あなたの「病状に合わせて」仕事を続けるか・辞めるのかを判断するようになると思います。

 

 

常に、体に負担が掛かっている状態のバセドウ病ですから、力仕事の方などは続けるのが難しいかもしれません。また、バセドウ病はホルモンの病気なので、ストレスを感じやすい仕事も、辛いかもしれません。

 

 

と、上記の内容は、当たり前と言えば当たり前の内容です。ここからは、私がバセドウ病になり、仕事を続けることで思った事をお伝えします。あまり他のサイトなどでは見かけない内容かと思いますので、参考にしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

バセドウ病で仕事を続けるには

 

 

上記までは、「あなた」を中心と考え、仕事が続けられるか・辞めなければいけないのか、という事をお伝えしてきました。これからお伝えするのは、「会社側」を中心とした考えをお伝えしていきます。

 

 

あなたもご存知だと思いますが、バセドウ病を治療し始めると、月に1〜2回程度の定期検査があります。多くの病院での検査は、たぶん平日になると思います。

 

 

と言う事は、月に1〜2回は、平日に休みを取らなければいけません。血液検査の結果が当日でなければ、更に平日に休まなければいけません。あなたの会社は、毎月、平日に2回程度休むのを快く思ってくれるでしょうか?

 

 

確かに仕事を続ける・辞めるの最終判断はあなたですが、会社側もまた、それを判断します。また、社長が良いと判断してくれても、まわりの社員の方はどうでしょうか?

 

 

忙しい時期に平日休んだそのしわ寄せは、周りの方に行きます。そういった事も、仕事を続ける・辞めるの判断に関わってくると感じています。もしあなたの会社が理解ある会社なら、最終決定は「あなた」で良いと思います。しかし、あまり快く思われない場合、会社側から退職の話が来るかもしれません

 

 

いずれにしても、仕事を続けるかどうかは「あなたの病状次第」。次に「会社側の理解」が大切だと思います。ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

関連ページ

バセドウ病の検査は何科を受ければいい?
バセドウ病の検査は何科を受ければいいのか、お伝えします。初めての症状で不安になるかもしれませんが、適切な科で診察をすれば安心できますよ