×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バセドウ病の症状など不安や疑問を解決

バセドウ病

このサイトでは、バセドウ病と診断された人・疑いのある人などの知りたい事や不安なことなどにお応えしていきます。

 

 

実際に私もバセドウ病と診断され、治療をしています。バセドウ病にかかってしまったから知りたいことなどを、バセドウ病患者の経験談も含めお伝えしていきます。

 

 

バセドウ病は、まだまだ誰もが知っている病気ではないと思います。歌手の絢香さん・サッカー選手の本田選手などが患った事で、メディアでも紹介されるようになりましたが、「一般的な病気」と言いがたいと思っています。

 

 

だからこそ、バセドウ病と診断されたあなたも、不安になってしまうのかもしれませんね。まずは、バセドウ病に対しての「不安」「疑問」を、1つずつ解消していきましょう。

 

バセドウ病って何?

 

そもそも、バセドウ病とは一体、どんな病気なのでしょう?

 

 

バセドウ病とは、甲状腺機能亢進症の中の1つの疾患の事で、過剰に甲状腺ホルモンを作ってしまう病気なんです。

 

 

甲状腺ホルモンがたくさん作られてしまうのは、体内になる免疫が自分を攻撃してしまうからんです。この疾患のことを「自己免疫疾患」と言います。

 

 

なので、バセドウ病とは、「自己免疫疾患」の中の「甲状腺機能亢進症」で、バセドウ病とういう病気だということになります。

 

 

バセドウ病は、大体1,000人に2〜6人程度の方がかかるようで、特に女性に多く発症するらしいです。ただ、男性も発症します。実際に私(男)もかかってますから。

 

 

だから「バセドウ病は女性が多くかかる病気」という考えは、持たないほうが良いと思います。かえって診断が遅れてしまうかもしれませんからね。

 

 

今現在、このバセドウ病には、根本的な治療はないそうです。

 

 

ただ、「なぜバセドウ病になっているのか」は、はっきりとわかっているので、適切な治療を行うことで問題なく暮らしていくことが出来るようになっています。その方法もいくつかあるので、あなたに適した方法で治療ができると思います。

 

 

私が通う病院の先生が言っていました。「バセドウ病は適切に治療していれば、治る病気です。」と。

 

 

最初「あなたはバセドウ病です」と言われた時は、「えっ?」って頭が白くなったと思いますが、特に不安になる病気ではありません

 

 

しっかりと病院の先生と、適切な治療を行っていれば、正常に戻る病気ですから、私と一緒に乗り越えていきましょう♪

 

スポンサードリンク

 

 

バセドウ病の歩き方